インド占星術 シヴァに達する道

神・神々・聖仙
08 /19 2021
 親愛なる読者の皆様、今晩は。
ヒンドゥー教の主神の1人がシヴァ神ですが、シヴァ神は、托鉢の椀を持って遊行すると言われています。脱俗・捨離・幸不幸に超然たる事、これらがシヴァ神に達する道であると教えているとされています。

・脱俗
・捨離
・幸不幸


 惑星的にはケートゥの影響。幸不幸はダイレクトに4室も関与するので4室は出来れば凶星の影響がない方が無難です。シヴァ神は、ムリティンジャヤすなわち死を征服するものをして知られています。そして同時にシヴァ神は欲望を滅するものでもあります。つまり欲望を滅する事は、死を征服する事を意味するのです。その理由ですが、欲望は行動を生じ、結果は束縛を生じ、束縛は生を生じ、生には死が含まれているからになります。

 ムリティンジャヤマントラを唱えるという事は、実は、死を征服する前提には欲望を滅する事を意味する事になるようです。シヴァ神はリンガにより象徴されていますが、リンガとは、サンスクリット語の語根「リ」から派生した語で、「リ」は「融合する」の意になります。リンガは、そのなかにあらゆる形が融合している形を意味している事になるようです。

 シヴァ神は、征服するものであり、欲望を滅するものですが、カリユガの人々は、死ぬまで欲望を追い続ける人々とされているようです。死んで人々は何をあの世に持っていけるかを考えつつ、生きる事が重要だと思います。その死自体は、三回のサディサティが来れば、日本人の場合は、殆どお迎えが来る時期になりますのでそれまでには出来る範囲で欲望を滅する事が無難です。旅に出る時は、荷物が少ない方が楽に過ごせることになります。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。