インド占星術 ターリバーン

インド占星術関連情報
08 /21 2021
 親愛なる読者の皆様、今晩は。
ネットニュースを見ると「ターリバーン」が不吉です。

 タリバンで検索すると
キャプチャ
 私はユーチューブでタリバンネタを視聴したのでアフガニスタンタリバンの簡単な歴史を知っていますが、麻薬地帯なので「月+ケートゥ」の組み合わせがタリバンのチャートにあると思いました。それとイスラムなどの宗教国は「木星」が強いです。

 何より、タリバンのネタを聞いていると女性に厳しいですし、はっきり言いますと「鬼」レベルです。女性惑星は金星、月、ラーフですが、この三つの惑星がタリバンの建国図で迫害される配置に在住している可能性が高い。ただ、日本とタリバンの接点は殆どないですが、インド人だと違うらしい。

 今のインドのダシャーですが
■Mo-Me期 2021年07月(73歳)~2022年12月(75歳)
■Mo-Ke期 2022年12月(75歳)~2023年07月(75歳)
■Mo-Ve期 2023年07月(75歳)~2025年03月(77歳)
■Mo-Su期 2025年03月(77歳)~2025年09月(78歳)


 今はマハー月期でT土星がシュラヴァナを通過中なので新型コロナで最大級の影響を被っているようですが、情報を見ると
・国内外のメディアの報道によると、タリバンは人道的なアプローチを維持しようとしています。しかし、木星と土星が徐々に直進し、4つの主要な惑星がサインを変える2022年には、彼らの動機が徐々にオープンドメインになっていき、現実を全面的に見ることになるでしょう。

>ここにある4つの主要な惑星とは、T土星、T木星、Tラーフ、Tケートゥの事を意味する筈です。
・T土星は2022年04月29日に移動します。
・T木星は今年の段階で水瓶座と山羊座を行き来します。
・Tラーフ軸は2022年03月17日 に移動します。

来年は3月~5月にはT土星とTラーフ軸が移動時期になります。T木星は2022年04月13日に移動します。来年は4つの主要な惑星に3月~5月までに移動が起きる時期になります。

インドは2025年まで月のマハーダシャーを実行しています。アンタル水星は2022年10月16日まであります。水星の後、ケートゥが来ます。2023-2024年は、ISISやAl Kaidaなどのように、タリバンが消滅する年になるかもしれません。2023-2024年は、ISISやAl Kaidaなどのように、Talibanが消滅する年になるでしょう。インドはこれからの時代、Talibanを減少させる上で最も重要な役割を果たすことになります。今日や明日ではなく、できれば数年後に、そして我々はそれを目撃するためにそこにいるでしょう。

 予測では、タリバンは2023-2024年はTalibanが消滅する年になる。その重要な働きをインドがすると言います。逆に言うと数年はタリバンが活動する事になるようです。

 これはあくまでも一つの予測でしかないので軽い気持ちで読むといいと思います。本気で調べるなら「アフガニスタン」と「タリバン」の正確なチャートが必要になります。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。