インド占星術 驚異の予知夢

神秘学
08 /30 2021
 親愛なる読者の皆様、こんにちは。
暇な時は、未来に関するネタのユーチューブを視聴しています。

 その中で予知夢ネタがあるのですが、群を抜いて精度の高い予知夢情報はたつき諒先生の漫画である「私が見た未来」です。このネタに関するユーチューブネタは多いです。

 この本が発売された日は1999/7/1 となっています。今現在のアマゾンの値段ですが
キャプチャ
 絶版本なので中古本のみですが、13万円ほどの値段がついている模様です。ただ、あまりにも人気があるので近い内に再販されるようです。具体的には
キャプチャ
 今の中古本が13万近い値段なので1,200円なら普通に誰でも購入する事が出来ると思いますが、ネットで調べると分かる事ですが、たつき先生(女性の方です)は主に15の予言が書かれており、15のうち13の予言が全て当たっていると言います。だからこその絶版本のこのようなプレミヤ値段になっていますが、問題なのは残り2つの予言です。

 その一つが今月の20日の予言だったのですが、「富士山噴火」でした。ただ、たつき先生の予言は5の倍数の法則が機能し、富士山噴火に関しては15の法則が機能するようなので次に危険なのは2036年8月20日になるようです。これが外れても15年後の設定になります。富士山噴火は気の長い話で考えた方が良さそうです。

 もう一つの予言は、神奈川県大津波です。起きるとされるのは2026年6月~9月の時期です。これを外すと次は2041年6月~9月の時期が15年の法則になります。このような曖昧な事を書いてはいますが、東日本大震災も先生は予言していますが、本の表紙を見ると
キャプチャ
 何気に紙に文字が書かれていますが、右から三番目の紙に「大災害は2011年3月」と明確に書かれています。先生が予知夢を見た日が、1996年3月11日です。その15年後は2011年3月になります。だから、15年の法則になるようです。まぁ、このインパクトが強すぎるからこそ、これほどのプレミヤ本としての箔がついた事になります。

 富士山噴火はひとまず、今年ではない可能性が出てきましたが、次に残された予言は神奈川県大津波。これは大地震ではなく、大津波になっています。日本の建国図で大地震と大津波のダシャー期は「金星期+土星期」が有望視されています。残りはラーフが絡むかどうか程度です。

 東日本大震災時の魚座新月図(東京)ですが
キャプチャ
 日本は、とにかく水星と水星星座が弱いです。そこを通過する凶星はそのハウスを破壊しています。特に土星は甚大な影響をもたらしてしまう。

関東大震災魚座新月図(東京)を見ると
キャプチャ
 言える事は、T土星は逆行しつつ、乙女座を通過中だった事です。これは強いシグナルです。

 日本の130年前まで遡って甚大な被害が出た地震は、東日本大震災関東大震災、それと明治三陸地震でした。明治三陸地震の年の魚座新月図ですが
キャプチャ
やはり土星は逆行です。日本の甚大な大地震は土星が逆行する時期は危険。ラーフ軸は獅子座ー水瓶座を通過中でした。

 たつき先生の予知夢は2026年6月~9月の神奈川県大津波です。これは、日本の三大リスクの内の二つである首都直下型大地震か、南海トラフ大地震の二択の影響が高いです。2026年の魚座新月図ですが
キャプチャ
 見ると土星は乙女座でもなく、天秤座でもなく、魚座を通過中の状態でした。次にラーフ軸は関東大震災と明治三陸地震と同じで獅子座ー水瓶座を通過中です。このラーフ軸に関しては、明治三陸地震と同じです。土星とラーフの位置は関東大震災と似ている模様です。

 今回はこんな感じです。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。