インド占星術 海外移住のケース

インド占星術関連情報
09 /09 2021
 親愛なる読者の皆様、今晩は。
チャート分析は、コツコツしつこいくらいに見続ける事が重要と認識していますが、出来るならリアルで動いている情報があると勉強になると思われます。

 その意味では
キャプチャ
 このチャートは、誰でも分かる御方のチャートですが、最新情報では、10に婚姻届を出す方向で宮内庁が調整していることが8日、政府関係者への取材で分かったようです。この「宮内庁」でどの御方かお分かりだと思いますが、続きがありまして結婚後は米国へ移る意向で、この間に準備を進めるとあります。

 このチャートは、ダシャー的に「海外移住」するダシャー期を通過中という事になるようですが、今のダシャー期は
■Mo-Ma期 2021年07(29歳)~2022年02(30歳)
■Mo-Ra期 2022年02(30歳)~2023年08(31歳)

 火星期で決まりのようです。

 海外移住に関するロジックですが
極めて重要な第4ハウス
出生図の第4ハウスは、居住地を示しています。通常、このハウスに有益な惑星の影響があれば、あなたは自分がいるべき場所にいることになります。逆に、このハウスに悪影響を及ぼす惑星の影響がある場合は、海外旅行や海外移住を意味します。

 このチャートで最も凶星の影響が強いのは天秤座の4室です。簡単に見ると
・太陽減衰在住
火星在住
・土星のアスペクト

 ちなみに4室から見た4室は7室ですが
・強い土星が在住
火星のアスペクト

 4室にはケーマドルマヨガの月と3、12Lの水星の影響がありますが、7室には凶星の影響しかない状態です。海外移住の場合、移住地を意味する4室が悪影響を及ぼす惑星の影響がある場合は、国から離れるシグナルになる可能性が出てきます。その本質は、ナクシャトラロードです。

 このチャートナクシャトラロードを見ると
キャプチャ
 今のダシャーは月ー火星期ですが、月のナクシャトラはアシュヴィニーなのでナクシャトラロードはケートゥです。D1でケートゥは海外の12室に居ます。または、月から見ると3-9ラインにいる事になります。次は火星ですが、ナクシャトラは、スヴァ―ティですが、ナクシャトラロードはラーフです。マハーロードから見ると遠方の9室に在住している事になるようです。

 マハーロードとアンタルロードの背後には、6ー12ラインに在住するラーフ軸の影響があるようです。ちなみにですが、次のアンタルダシャーの影響ですが、アンタルラーフ期が到来する模様です。これは、D1であるラーシチャートの4室のみの分析でも、色々と分かる事になりますが、4室の分割図の拡大版であるチャトゥルタムシャを分析すると面白いと思います。何より、ダシャーとトランジットがどのように機能しているのかを知る方がもっと面白い可能性があると思います。

 このチャートは4室に凶星の影響が強いですが、マハー月期の次は、誰でも必ずですが、マハー火星期です。火星期は、支配、在住、アスペクト、コンジャクション、ナクシャトラなどの影響を受ける時期になりますが、4室が強く出る時期になりそうです。

 たまにはチャートの分析記事を書いてみました。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。