インド占星術 土星の救済方法

土星
09 /12 2021
 親愛なる読者の皆様、今晩は。
最近は、土星ネタを追いかけていますが、悪い土星の場合は、救済方法があります。

土星の救済方法ですが
1.土星マントラを暗唱する。
2.土曜日に黒い布、マスタードオイル、黒ゴマ、またはお金を寄付します。
3.土曜日の断食。
4.マハラシュトラ州のシンナプール村にある土星寺院でプージャを提供します。
5.ハヌマーン卿の崇拝とハヌマーンチャリサの朗読。
6.マハー・ムリチュユンジャヤマントラの朗読。
7. 7つのムキ(7つの顔)のルドラクシュを着用します。
8.錆びた鉄の物体を家に保管しないでください。
9.土星の鉄関連製品を売買しないでください。
10.土曜日には非菜食主義の食べ物を食べないでください。
11.土曜日は飲酒しないでください。


 日本人から見て現実的に出来る事は、土星のマントラを唱える事は出来ると思います。どちらかと言いますとこれが一番の主軸です。土曜日に寄付は日本でも出来ると思いますし、断食も可能です。インドの寺院に行く事は、今は無理そうです。それとハヌマーン卿は、シャニ神の恩人なのでハヌマーン卿の崇拝とハヌマーンチャリサの朗読は、土星の悪意を緩和します。

 同様に土星には、マハー・ムリチュユンジャヤマントラの朗読が強く機能します。その理由ですが、このマントラは、シヴァ神に繋がるからです。ルドラクシュは菜食者のみお勧めします。非菜食者には、ルドラクシャの波動が合わないはずです。土星は鉄の支配者なので錆びた鉄の物体は家には置かない方がいいようです。それと土星が支配する曜日は土曜日なので土曜日を大事に使用する必要がありそうですね。

 救済方法を全て実践する人は素晴らしい人ですが、出来る事から確実に実践する事をお勧めします。やり始めて早急に機能するのは、

5.ハヌマーン卿の崇拝とハヌマーンチャリサの朗読。
 ハヌマーン卿はユガ・アヴァター(一つのユガを管理する者です)なので不死者です。ハヌマーンチャリサの朗読は、早急に救済が働く事になります。そのような体験談が、インドにはゴロゴロあります。それほど、ハヌマーンチャリサの朗読は、カリユガ期に機能する朗読になります。


★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

ただいま、鑑定(メール鑑定のみ)を受け付けております。鑑定をご希望の場合ですが、ブログの右側のカテゴリにある「インド占星術による有料鑑定についてのご案内」の記事を読んで下さいますようお願いします。

次に「鑑定依頼メールフォーム」より必要事項をご記入の上、ご連絡をお願い致します。出来る範囲で早急に丁寧なきめ細かい対応(24時以内に返信致します)を致しますが、ジョーティシュの性質上、長いやり取りになりますのでご理解の程、よろしくお願いいたします。詳細はメールにてお伝えいたします。

また、お客様から「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。メールが届かない場合ですが迷惑メールなどに振り分けがされている事になりますのでご確認をお願いいたします。こちらでは、「鑑定依頼メールフォーム」からメールを頂いてから必ず24時間以内に返信をしております。