インド占星術 最近のユーチューブ

インド占星術関連情報
11 /02 2021
 親愛なる読者の皆様、こんにちは。
私は、ユーチューブを見ていますが、インド占星術関連のネタの情報は更新が殆どなかったりしているので寂しい状態ですが、昨日見たらアビギャ君のネタが書いてありました。一時は、アビギャ君ネタが非常に多かったのですが、翻訳者たちが、インド占星術の素養がない人ばかりなので殆ど見ていませんでした。

 ネタとしては、「2022年春は同時に3つの悲鳴」というネタがあるようでした。私はリスクを知る為にインド占星術をしているので自分なりにリスクの時期を知ると言うより、意識しています。来年の場合、今のトランジットを見ると
キャプチャ
 トランジットで重要なのは重い惑星の移動のタイミングです。来年は、土星、ラーフ軸が春ごろに移動する年になります。
具体的には
・2022年03月17日(東京時間)に今は牡牛座ー蠍座を通過中のラーフ軸が牡羊座ー天秤座に移動します。
・2022年04月29日(東京時間)に山羊座を通過中の土星が自室の水瓶座に移動します。


 どちらの移動も星座が変化しますが、深い内奥のナクシャトラの領域が変化する訳ではありません。インド占星術で重要なのはナクシャトラです。トランジット惑星の1つの室の移動期間ですが、土星は約2年半です。ラーフ軸は約1年半になります。土星は一つの星座を通過するのに30ヵ月、ラーフは一つの星座を通過するのに18ヵ月かかるのでその程度の期間の変化をそのハウスにもたらす事になりそうです。

 アビギャ君の場合は、「2022年の3月から4月までに誰もが驚くような事件」と予測していました。2022年の3月から4月までになのでこの場合は、牡牛座ー蠍座を通過中のラーフ軸の影響が予測されている事になります。ナクシャトラ的には、ラーフは、クリッティカーの第一パダ、ケートゥは、ヴィシャーカの第三パダを通過中という事になります。

 日本の場合、ラグナから見ると牡羊座は5室で月ラグナから見ると11室になります。ケートゥの天秤座は、ラグナから見ると11室で月ラグナから見ると5室になります。端的に投資ラインが変化します。今もですが、ケートゥが12室、月から見ても6室にいるために12室や6室にケートゥの象意であるウイルスに関する問題が出まくりの苦境の時期ですが、移動の変化はそれが楽になる事を意味する移動に日本の場合はなりそうです。

 他にもアビギャ君の予測では
・12月第2週から世界で感染拡大の危機。ワクチン接種率の高い国も大規模な感染に直撃。イギリス、アメリカ、シンガポール、イスラエル等が含まれる。
・天候の変化。極端な気候の変化。来年5月にかけて極寒を味わう事になる。


 日本の新型コロナウイルスの感染状態を見ると
キャプチャ
 ヤフーさんの情報ですが、ピークは今年の8月20日になっていました。これは、日本のダシャーと合致します。ダシャーの組み合わせとしては減衰水星、MBの土星、ガンダーンタの度数の金星。金星の度数は29度40分。ダシャーのピークは終盤の中でも終わりの時期がピークになる事を意味しています。

Me-Sa-Ke:2021年01月18日(68歳)
Me-Sa-Ve:2021年03月17日(68歳)
Me-Sa-Su:2021年08月28日(69歳)


 サブサブダシャーの金星期は03月17日~08月28日でした。日本のピークは8月20日となっていました。最近は特に書いてはいませんが、常に日本のダシャーを注視して下さいませ。

■Me-Sa期 2020年03月(67歳)~2022年12月(70歳)
【Ke期 2022年12月(70歳) - 2029年12月(77歳)】
■Ke-Ke期 2022年12月(70歳)~2023年05月(71歳)


 日本の場合、来年の12月中には確実に17年あった水星期から7年しかないケートゥ期に変化する事になります。これは、様々な意味で「アグニ元素」が強まる時期をダシャーが告げています。アグニは紛争に繋がり、日本のラーフ軸は3ー9ラインに在住しています。そのハウスに関連する紛争を重視する必要がありそうです。

 未来の予測はダシャーが主軸です。トランジットは後付けとして使用します。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。