インド占星術 土星とラーフの接合

様々なヨーガ
11 /29 2021
 親愛なる読者の皆様、今晩は。
土星ラーフの接合に関する記事を読んでいました。

 内容としては、同じ家にいる土星ラーフは悪いですか?とありましたが、世界的に見ると「戦争の前兆」になるほどのシグナルの組み合わせです。ただ、火の星座が関与する必要があります。土星ラーフを上手く使える人は間違いなく人生の達人です。

 この組み合わせの過去の行為(カルマ)の理由ですが
過去の人生で、ネガティブな世界観を持ち、幸せを信じられなくなってしまった人。

 何とも寂しいなと思える内容です。そのための今世の課題は
清潔な生活を送り、世界に対して前向きになること。

 私的に最も単純な改善策は、食生活をサットヴァ性のみにする事。これだけで前向きな心が育つ事になります。ただ、土星ラーフの接合は長くて悪い意味での習慣性を意味するので食生活を変えるのが難しい可能性が高そうです。

 ちなみに接合の影響も色々とありますが、
その複雑さは,憂鬱な気分やメランコリーなどの症状に表れます。この影響は、特に4、8、12ハウスで顕著です。ネガティブなアスペクトでは、この組み合わせは、感情的なドライさ、厳しさ、他人の感情への無関心を与えます。特に地のサインや火星の影響を受けている場合は、利己主義、悲観主義、偽善、貪欲さが特徴です。風のサインでは、この組み合わせは良い面が現れます。外交の才能、高い道徳性、知恵。これらの惑星の組み合わせが定住するハウスには、闘争の要素が含まれます。例えば、これが4ハウスであれば、自分の家を手に入れるための葛藤や母親との競争、自分の感情や気持ちとの葛藤などが考えられます。この組み合わせは、独裁者のチャートによく見られます。

 一番有名な独裁者の1人であるヒトラーのチャートを見たのですが、ピシャーチャ・ヨガではありませんでした。土星ラーフのヨガは、ピシャーチャ・ヨガです。

 独裁者の検索すると
ロバート・ムガベ―ジンバブエ
オマル・アル・バシール―スーダン
金正日―北朝鮮
タン・シュエ―ミャンマー
アブドッラー・ビン・アドブルアジーズ―サウジアラビア
胡錦涛―中国
アリー・ハメネイ―イラン
イサイアス・アフォルキ―エリトリア
グルバングルィ・ベルディムハメドフ―トルクメニスタン
ムアンマル・アル・カダフィ―リビア
イスラム・カリモフ―ウズベキスタン
バッシャール・アル・アサド―シリア
テオドロ・オビアン・ンゲマ―赤道ギニア
アレクサンドル・ルカシェンコ―ベラルーシ
メレス・ゼナウィ―エチオピア
イドリス・デビー―チャド
ムスワティ3世―スワジランド
ポール・ビヤ―カメルーン
ウゴ・チャベス―ベネズエラ
ウラジミール・プーチン―ロシア


 世界の独裁者20人らしいですが、ウラジミール・プーチンを調べてもピシャーチャ・ヨガではない。ただし、土星+太陽の組み合わせが出来ています。名前的に怖そうなロバート・ムガベ―ジンバブエを調べましたが、ピシャーチャ・ヨガではないですが、こちらは、太陽+ケートゥの組み合わせが出来ています。独裁者で分かる事は王である「太陽」がどのような状態になっているかの方が重要そうだと思われます。三人見てピシャーチャ・ヨガがゼロ。あまり独裁者のチャートによく見られるという言葉は真実ではないと思われます。

オマル・アル・バシールもピシャーチャ・ヨガなし。ただ、土星と火星の接合あり。
タン・シュエもピシャーチャ・ヨガなし。ただ、土星と太陽の接合あり。
アブドッラー・ビン・アドブルアジーズもピシャーチャ・ヨガなし。ただ、火星とケートゥの接合あり。
アリー・ハメネイもピシャーチャ・ヨガなし。ただ、太陽とケートゥの接合あり。

 世界の独裁者7人ほど見ましたが、ピシャーチャ・ヨガは1人もいません。そもそもですが、独裁者が、過去の人生で、ネガティブな世界観を持ち、幸せを信じられなくなってしまった人とは思えない。それに最も自力で贖う人々達が独裁者になるとしか思えない。独裁者はある種の暗黒の王なので「太陽」がどうなのかが一番のポイントになりそうです。

 独裁者は、太陽+土星や太陽+ケートゥが中々に多い傾向が出ているようです。ただ、出生時刻が不明なのでそれ以上は不明になります。何気に独裁者チャートは奥が深そうな感じがします。ためらわずに自身の欲望のために人を殺せるチャート型。それゆえに太陽に特徴がありそう。太陽と獅子座。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

世界史からさんへ

コメントありがとうございます。

独裁者ですが、今のプーチン大統領を考えて思う事は、その国自体にも独裁者が生まれる要素があるのだとつくづく感じてしまいました。独裁者自体には様々な型があると思いますよ。それでも私的には誰でも知っているスターリンやヒットラー、毛沢東などを調べると面白いのかなと思ってしまいました。スターリンや毛沢東はあらゆる意味で殺しまくりなので非常に人類の毒悪でしかないように感じます。

独裁者リストありがとうございます。

ヒュッレム妃
奴隷→超大国皇后
かなりの手腕の持ち主。
生年月日不明で残念です。



ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。