インド占星術 様々な強さ

インド占星術関連情報
12 /24 2021
 親愛なる読者の皆様、こんにちは。
今回は、占星術による様々な強さを見ていました。

 特に惑星の強さとハウスの強さを見ていました。まぁ、強さや状態は様々な技法があると思いますが、日本の建国図によるハウスの強さですが、
キャプチャ
 海外サイトになりますので英語で申し訳ありませんが、ポイントを見れば、1~12室のハウスの点数(ポイント)がわかります。点数は高いハウスが強いハウスになります。占星術をやっていて分かる事は、ぼちぼちのダシャーならどうにでもなりますが、非常に弱いダシャーは、必然的に様々な挑戦的な状態に置かれる事になるようです。

 このハウスの強さは単にアシュタカヴァルガの点数でしかありません。日本のハウスの弱点は、弱い順に7、10、4室になる模様です。点数は7室が20、10室が23、4室が25点になります。この弱さは、支配、在住、影響を与える惑星のダシャー期に影響が出る可能性が高いです。

 本質的に日本は、4ー10ラインである乙女座ーうお座ラインが弱く、双子座が一番の弱点です。それと7ー10ー4室は全てケンドラハウスになります。日本は、ケンドラハウスが弱く、特に7室が弱い。ある種のケンドラドーシャ型が日本のチャートです。

 日本のダシャーは
【Ma期 1945年12月(-7歳) - 1952年12月(0歳)】
【Ra期 1952年12月(0歳) - 1970年12月(18歳)】
【Ju期 1970年12月(18歳) - 1986年12月(34歳)】
【Sa期 1986年12月(34歳) - 2005年12月(53歳)】
【Me期 2005年12月(53歳) - 2022年12月(70歳)】
【Ke期 2022年12月(70歳) - 2029年12月(77歳)】
【Ve期 2029年12月(77歳) - 2049年12月(97歳)】
【Su期 2049年12月(97歳) - 2055年12月(103歳)】
【Mo期 2055年12月(103歳) - 2065年12月(113歳)】

 ダシャーは、マハー火星期のスタートですが、7室支配は水星です。7室在住は月です。アスペクトは土星になります。日本のダイレクトに弱い7室在住の月期は 2055年12月(103歳) ~になる模様です。

 7室支配の水星期は【Me期 2005年12月(53歳) - 2022年12月(70歳)】なので最後のサブダシャー期を通過・体験中ですが、この水星期に東日本大震災と新型コロナウイルスがイベントとして起きている事になるようです。

 具体的には東日本大震災は2011年3月11日です。ダシャーは、水星ー金星ー土星期でした。
水星は4室にいて10室にアスペクト。
金星は4室にいて10室にアスペクト。
土星は10室にいて4室にアスペクト。

 日本のハウスのラインの弱点は、4ー10ラインの乙女座ーうお座ラインですが、まさにそのラインに在住する惑星のダシャー期に東日本大震災が発生でした。

 世界は新型コロナウイルスの影響を受け続けていますが、日本が最初に緊急事態宣言をしたのが、2020年4月7日です。この時は、7都府県でした。4月16日には、4月16日に対象を全国に拡大でした。その時期のダシャーは
Me-Sa-Sa:2020年03月29日(67歳)
Me-Sa-Me:2020年09月01日(68歳)


 不思議ですが、やはり、弱いとされる乙女座ーうお座ラインのダシャー期の水星ー土星ー土星期の時期でした。ここまでの情報はハウスの強さの情報のみです。実際には惑星の強さ・状態もあります。

 ダシャー的にハウスと惑星が弱い時期がある場合、それは人生の大きな挑戦の時期になる事を意味する可能性が非常に高い事が日本の建国図で示唆されています。正直、やばいのは4室もやばいのですが、最も不吉なのは7室です。ここが危ない状態になると「戦争」が迫る事を意味しています。

 人間は、強い時期や普通の時期はどうとでもなりますが、弱い時期や最も弱い時期は、厳しい挑戦の時期になる事が予測されるよりも突然に人生に迫ってくるのでそれに対する対処が重要になると思われます。占星術はその意味でリスク回避の智慧になります。

 ちなみに日本の強いハウスは、強い順に2室、3と12室、8室になります。この中で在住惑星があるのは3室ラーフのみ。日本は、8室と12室なのでドシュタナハウスが強いらしい。日本は、ケンドラの見える部分が弱くて見えない部分が非常に強い性質を帯びている模様です。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。