インド占星術 戦争の終わる時期(プラシュナ)

マンデーン占星術
03 /09 2022
 親愛なる読者の皆様、こんにちは。
新たにインド人占星術師のユーチューブ動画を字幕のみですが、見ていました。



 最も重要なテーマは「戦争はいつ終わるのか?」です。
字幕の情報ですが、拾い読みによると

この戦争は、2022年2月24日にスタート。
3月、4月に激しい暴力に直面する。

この戦争はいつ終わるのか?

戦争は三ヵ月で終わる。(プラシュナによる)
5月中旬ぐらいまでに停止する。

3月の終わりと4月の上旬に激しい衝突が発生する。
理由は、殆ど恩恵のある惑星が殆どの時間苦しんでいるため。

また、太陽が牡羊座に入る時のサンガルシアヨガは、太陽が動くとき、
ラーフにより蝕される事になる。

ラーフから太陽が離れる事により、停止する可能性が高まる。


 情報を見ると明確な終戦の時期が書かれているのが凄いと思いました。また、最激戦の時期も明確です。それは、3月の終わりと4月の上旬に激しい衝突が発生です。

 ロシアウクライナ侵略が決まった時期は2022年2月24日の午前6時モスクワでした。そのチャートを元に今後のトランジットがどうなるのかを見てみましょう。
キャプチャ
 チャートはこんな感じになりますが、断言しますが、このチャートで一番危険なナクシャトラの領域はダニシュターの領域です。これは、断言のレベルです。このチャートのジャンマナクシャトラはアヌラーダーです。そこから見た破壊をもたらすナクシャトラの筆頭は7番目に位置するナクシャトラ。これはジャンマナヴァタラチャクラ理論です。

 ダニシュターは22番目のナクシャトラであり、殆ど2ばかりの数字を使用したウクライナ侵略(2022年2月24日)に強く機能している事が分かります。その領域は山羊座の23°20′から水瓶座の6°40′までの領域。彼の動画では、3月の終わりと4月の上旬に激しい衝突が発生とあります。

 2022年3月25日の12:00モスクワですが
キャプチャ
この時期、土星と金星がダニシュターを通過中。火星がダニシュターを通過するのは2022年03月30日頃には通過領域に入る事になります。トランジット的には
キャプチャ
 ラーフ軸以外は、山羊座~魚座に惑星が偏っています。

 彼の言う太陽が牡羊座に入るのはモスクワ時間で2022年04月14日 06:11:11。

 今年の皆既日食・月食ですが
1. 5月1日    部分日食
日本では見られない。
2. 5月16日    皆既月食
日本では見られない。
3. 10月25日    部分日食
日本では見られない。
4. 11月8日    皆既月食
日本では全国で皆既食が見られる。各地における状況は次のとおりである。


 太陽がラーフから離れるのはモスクワ時間で2022年05月15日 02:59:18です。何気に今年の五月は、部分日食と皆既月食がある時期に彼の予測では、ウクライナ侵略が終戦(停戦)すると予測している模様。

★ 鑑定依頼をお待ちしています。一つの分野(結婚・仕事・子供等)での鑑定や総合鑑定の依頼をお待ちしています。あなた様自身の人生の航路図の鑑定依頼をお待ちしております。それを知る事により、良い事を伸ばし、悪い事を避ける事が出来るようになります。鑑定は勉強という観点でお付き合い下されば幸いです
↓↓↓
鑑定依頼をお待ちしております。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。