インド占星術 半端ないよ、ビットコインちゃん!

インド占星術関連情報
06 /19 2022
 親愛なる読者の皆様、こんにちは。
久しぶりの更新ですが、私はリスク回避を主な主軸に占星術を使用している者ですが、投資をしている人なら分かるかと思いますが、今年のビットコイン(仮想通貨)はやばい、やばすぎる。

 長期スパンのチャートですが
キャプチャ
 チャートは5年スパンの週足チャートになりますが、現状は大暴落中ですが、意識される強めのサポート(支えるポイント)が見当たるのかという感じのチャート型なのです。私の場合、どうにも読みにくいチャートなので今まで一度も手を出した事がないビットコインなので冷静沈着にチャートを眺められるのですが、手を出している人々は、「売り派」はいいですが、「買い派」は地獄じゃねと思っている次第であります。

 チャート型で最も精度の高い一つが三尊と言われるヘッドアンドショルダーですが、これが上手く機能するとどこまで下落が続くのかが想像できない型になってしまっているチャートの様に見えてしまう。

 占星術に考慮すると今のトランジットは「激やば」らしい。
キャプチャ
 今のトランジットの何が強いかというと土星が強い。マジ強い。土星は、タマシックな惑星であり、深刻な不幸をもたらす源の惑星ですが、それが強い。ナヴァムシャで見てもめちゃくちゃ強い。今後の今年のトランジットで大きな変化は土星が山羊座に移動するぐらいしかない。他の遅い惑星は移動しない。

 土星の星座トランジットですが
土星は2022年7月12日18:18:54に山羊座に入る
土星は2023年1月17日21:33:37に水瓶座に入る


 多少の誤差は出ると思いますが、7月の中頃に自室である山羊座に逆行で移動する事が確定中。

 ナクシャトラトランジットの変化ですが
・土星は2022年2月17日午後10時5分にダニシュタナクシャトラに入る

 端的に今年の土星は2月中頃からずっとダニシュタナクシャトラを通過中であり、今年は継続運行される事が確定らしい。この2月17日の時期は薄々感じる人もいるかとは思いますが、ウクライナ侵略が開始された少し前の時期と一致しています。必然的にこの通過は、確実というより100%、侵略に関係したトランジットだと思われ、土星が関わるものは何であれ、遅くて深刻で長い事象に繋がるのは確実になってしまう惑星です。

 ヴェーダで学んで分かった事は最後に人々を生かすのは「識別力」。サンスクリット語で識別力をヴィヴェーカと言いますが、これを研ぎ澄ます事により、人々は平坦で安定した人生を送る事が出来るとされると言われていますが、占星術的には「吉星の保護によるケンドラ人生」なのだろうと思えてしまいます。しかし、今年の様にタマシック優位で凶星が強い時期は、不安定がもたらされる事が確定しているらしい。相場的には恐怖指数が強まる時期を示唆しているのです。ちなみに今年の凶星の強さの時期はまだまだ終わってはいないので注意が必要です。特にですが、自身のダシャーが凶星同士の組み合わせの人は注意が必要になります。土星とラーフの組み合わせの人は物事が長引くのは必定です。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。