インド占星術 偉大なる存在のグルも悪く働く事がある

インド占星術関連情報
11 /15 2022
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
グラハの中でグル(木星)ほど褒め称えられるグラハはありません。

 清水先生が翻訳した「ラオ先生のインド占星術シリーズ3 基礎編 パート1」の木星について書かれてあるのは
国王には、 総理大臣のように、 訓戒を垂れる宗教 者、 諸事に助言を与えるグル( 師匠)が必要です。 かれは、 基本的に スピリチュアルな存在です。 神以外の守護を必要としません。 内的な強さを秘めた理想主義者です。

 グルとは、師匠という意味があるようですが、グルにも敵が存在します。万能とされるグルが、様々な影響により、力が阻害される可能性が高まります。私は、グルされあれば、ひとまずと大丈夫という観点で見ていたのですが、過去の状態を見ると全てがそうなる訳ではない事が分かりました。

 事例としては、日本のクンダリーとグルのゴーチャラです。グルは、ダヌラーシとミーナラーシを支配していますが、グルがミーナラーシを通過中に「東日本大震災」が発生なのでした。

 自室を通過するグラハは基本的に強い。ただ、強くても様々な技法により、正しくグラハバラ、バーヴァバラを知る必要が出てきます。正確にはダシャーバラも知る事が重要です。

 ゴーチャラのバーヴァバラは、アシュタカヴァルガが無難。
グル
グル(Ju)を見るとミーナラーシの点数はたったの2点。この時のヴィムショッタリーダシャーは、全てミーナラーシに関与するダシャーだったのでした。

日本クンダリー(左側)とグルゴーチャラチャクラ(右側)
 グルゴーチャラ
 チャクラ的に2011年3月11日は数字的に「1」だらけで数秘術的に気になりますが、確かにグルはミーナラーシを通過中なのでした。同時にブダすらもミーナラーシを通過中。ブダはグルとは中立ですが、ミーナラーシで力が最大限に減退してしまう。それでもグルの助けで多少、減退のキャンセルが起きる可能性がありますが、それすらも凌駕してあの大地震が発生なのでした。

 ちなみにブダのアシュタカヴァルガは最大に強い7点。これは、減衰(減退)がほぼキャンセルされている事を意味する。それでもグルの弱さが祟ってしまう。その時のダシャーは、水星ー金星ー土星期。

 ラーシチャクラ
・水星は4H
・金星は4H
・土星は10H


全てミーナラーシに繋がるグラハ。ダシャー的にやばいのは、トリシャダヤロードとマラカロードの組み合わせです。トリシャダヤロードは3、6、11ロード。マカラロードは、2、7ロード。これすらも全てミーナーカンニャーラインで形成されている。

・水星は7ロードである。
・金星は6、11のトリシャダヤロードである。
・土星は、2、3のトリシャダヤとマーラカロードの組み合わせである。

 初めにグルには万能の力があると過信しない方が無難。また、理想主義者も様々な影響で修正されることを理解する必要がある。一切の交わりがない時のみ、そのような状態を維持する事が出来る。もし、グルには万能の力があるなら、ウクライナ侵略は、ミーナに入室した段階で徐々に終わったはず。

 今のロシアとゴーチャラですが
ロシアとグル
 ロシアのネイタルチャート的にチャンドラから見るとミーナラーシは3室なのです。3室とは隣国を意味するハウス。そのハウスにマンガラ在住でシャニの3番目のアスペクトのみ働きます。そこに動的にはグルが通過している事になります。グルがタマシックなグラハの影響のみのバーヴァを通過するとなかなか戦争が終了しないらしい。ちなみにロシアのヴィムショッタリーダシャーは
・Ra-Mo-Ve

 この戦争、ラーフー月期で開始されていますが、現実には2014年からの延長でしかないのです。ただ、言える事は、グルは素晴らしいのは確かであり、最大の知恵者なのだと理解していますが、その知恵者にも弱点があり、状況により、知恵が働くなる時が出てくる時もあることを理解する必要があります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。