インド占星術 生まれてすぐに海外移住

マハー・金星期
04 /02 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
生まれてすぐに海外移住したチャートを見ていました。見ていたチャートは、D1、D4、それとD60です。

スクリーンショット 2023-04-02 121632
 海外移住ですが、精査としては、7室、12室、それと海外のカラカのラーフの関与を分析する必要があります。彼が渡米したダシャー期は火星ー金星ーラーフ期でした。

・火星は12Lで7室に在住。ディスポジターは遠方の9室に在住。
・金星は12Lと7室でコンジャンクション。ディスポジターは遠方の9室に在住。
ラーフ海外のカラカで7Lと共に9室に在住。

 このような絡みが生じると人は、海外に向かうらしい。

スクリーンショット 2023-04-02 122112
 D4はどうでしょうか?

スクリーンショット 2023-04-02 122217
 D60はどうでしょうか?

 言える事は、凄いほどに火星と金星は7室か1室にしかいないチャートになっている模様。7室から見た1室は、バヴァット・バヴァムです。12室のバヴァット・バヴァムは11室です。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。