インド占星術 考えすぎる星座

星座について
05 /14 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
星座には、考えすぎる星座がある模様。

それは7つの星座らしい。
・蠍座(陰、水、固着、火星)
・魚座(陰、水、柔軟、木星)
・蟹座(陰、水、可動、月)
・乙女座(陰、地、柔軟、水星)
・山羊座(陰、地、可動、土星)
・双子座(陽、風、柔軟、水星)
・天秤座(陽、風、可動、金星)

 様々な区分で見ると陰の星座は牡牛座以外は全て考えすぎる傾向がある模様。また、四元素で見ると水の星座は考えやすい傾向が強い。火の星座は、考えるより行動の可能性。三要素で見ると意外と可動星座が考えやすい。それは、柔軟星座も同じになる。しかし、固着が慎重に考えると思いきやそうではない模様。支配する惑星は水星は考えやすい。太陽以外は全ての星座が含まれている。

 各自の傾向は
★乙女座は、水星が支配する地の星座である乙女座は、人生のあらゆる側面を考えすぎることで有名です。小さな決断や人生の大きな選択をする際、乙女座はあらゆる詳細を分析して分析する傾向があり、過剰分析のサイクルに陥ることがよくあります。

★双子座は水星が支配する風の星座で、何事も考えすぎる傾向があります。彼らの思考プロセスは絶えず、さまざまな可能性やシナリオを絶えずかき回しています。ある考えから別の考えに簡単に移行する双子座の過剰な精神は、平和と静けさを見つけるのを難しくする可能性があります。

★情熱的で激しい星座である蠍座は、あらゆる状況を考えすぎることで知られています。彼らは常に自分の考えを分析し分析するため、精神的な混乱状態に陥ることがよくあります。蠍座は、人々の行動の背後にある根本的な動機や隠された意味を理解する必要性が高く、最も単純なやり取りであっても考えすぎてしまいます。

★12番目の星座である魚座は、何事も考えすぎる傾向があることで知られています。彼らは常にあらゆる状況を分析し、分析し、思考や感情の網に巻き込まれることがよくあります。

★蟹座は、何事も考えすぎることで知られています。彼らは常にあらゆる状況を分析し、熟考し、しばしば疲れ果てるまで考えます。ある考えから別の考えに移行すると、蟹座の心は熟考の渦となります。

★地の星座である山羊座は、人生のあらゆる側面を考えすぎることで有名です。この星座の下に生まれた人は、深い熟考と分析に対する自然な傾向を持っています。ある考えから別の考えに難なく移行する山羊座は、常に心の迷宮で迷っていることに気づきます。

★金星が支配する風の星座である天秤座は、何事も考えすぎることで知られています。彼らは自分の考えを細心の注意を払って分析的に処理し、あらゆる決定を絶えず評価し、比較検討します。そのため、しばしば優柔不断の網の中に閉じ込められます

 7つのラーシですが、それぞれ考えすぎる傾向には違うがある模様で
・乙女座は、過剰分析のサイクルに陥る
・双子座は、平和と静けさを見つけるのを難しくする
・蠍座は、精神的な混乱状態に陥る
・魚座は、思考や感情の網に巻き込まれる
・蟹座は、蟹座の心は熟考の渦
・山羊座は、常に心の迷宮で迷っている
・天秤座は、優柔不断の網の中に閉じ込められる


 考えすぎるのが悪いとは思えません。例えばですが、過剰分析のサイクルになりやすい乙女座ですが、これを極めた人は、武道の世界で無敵・無敗の状態になる人を意味しています。武道の達人とは、調べて分かった事は、闘志ではなく、緻密な分析能力でした。
 
 魚座は、考えすぎると思考や感情の網に巻き込まれるようですが、人々はそれらから逃れそうとすると飲み物や薬物などに頼る傾向が出てくるので怖い部分があります。魚座はある種、溺れやすいので怖い。結局、よく言われている事ですが、天秤座は、優柔不断から切り離せない事になりそうです。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。