インド占星術 渡米の時期

マハー・ラーフ期
06 /07 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。

スクリーンショット 2023-06-07 125122
 このチャートの出生時刻は相当精度が高い可能性を感じました。渡米の時期はラーフ水星期。

 海外移住のロジックは、7室とその支配星。12室のその支配星。カラカはラーフです。このダシャーの場合は、ラーフ期なので最初から海外と縁が強いダシャー期になります。

 簡単な説明としては、分割図で重要なのは分割図のアセンダントですが、山羊座ラグナになり、ラグナロードは土星。ラグナやラグナロードと関連づいたダシャー期は住居に大きな変化がある可能性が高まります。ラーフは5室に在住でラグナロードの土星と12Lの木星が1室からアスペクト。水星は7室にアスペクトで12Lの木星と1室でコンジャンクション。

 全てのロジックが機能していますが、D1だと
スクリーンショット 2023-06-07 125632
 チャートは似ていますが、7Lの月がラーフと5室でコンジャンクションに違いがある模様。海外移住を細かい部分まで見ると9室(遠方)が7室と12室の次に関与しやすくなります。

 渡米すべきタイミングでこの男性は渡米しています。ちなみに結婚も同じダシャーの時期です。結婚は、7室とその支配星。カラカは金星。バヴァット・バヴァムは1室とその支配星になります。結婚はD9を見ます。
スクリーンショット 2023-06-07 130248
 D9はナヴァムシャですが、ラーフ軸は1ー7ラインに在住。ディスポジターは金星とコンジャンクション。水星は金星と相互アスペクトでバヴァット・バヴァムの土星とも相互アスペクト。結婚を細かく見ていくと2室の親密な身近な人々のハウスが関与する傾向が強いです。

 次に子供の生誕はラーフーケートゥ期でした。5室とその支配星と木星。バヴァット・バヴァムの9室が関連する。
スクリーンショット 2023-06-07 131034
 ラーフは5室在住。ケートゥは5室を支配する火星のアスペクト。ちなみにD7の5ー11ラインは、D1 の逆になりますが、5ー11ラインです。ちなみに木星と9Lの関与がなかった模様。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。