インド占星術 不動産関連

乙女座ラグナ
06 /14 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。

スクリーンショット 2023-06-14 130928
 チャートはD1とD4なので不動産関連の分析になります。不動産ですが、4室とその支配星。カラカは土地・不動産の火星。バヴァット・バヴァムの7室とその支配星の関与。

 今のダシャーですが、金星ー金星ー土星期らしい。自身の不動産を売りに出しているダシャー期。ダシャー的にわかる事は、どうやら4室とその支配星への関与が薄いなという事。
・金星はD1ですが、土地・不動産の火星とコンジャンクション。土星は、火星にアスペクト。
・ただし、火星から見ると金星は火星と7L火星とコンジャンクション。土星は火星から見た4Lであり、火星にアスペクト。この組み合わせはD4でも形成されています。火星から見た4室に金星が在住し、土星が4Lになります。

 ここでわかる事は、どうやら土地・不動産のカラカは火星でいいらしい。バーヴァ・カラカ的に4室は
第 4 室: 月( 母親、 感情)、 金星( 乗り物)、 水星( 教育)、 火星( 土地 建物)

 金星の場合は、乗り物です。乗り物の事故は金星を見た方がいい。基礎的な教育は水星。それと 母親、 感情は月。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。