インド占星術 結婚前に知るべき8つの要素

結婚の時期
06 /25 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
結婚に関する記事を読んでいたのですが、結婚前に知るべき8つの要素がある模様。8つなのでかなり多い印象があります。

 8つの要素
1、7室を調べる。7室は重要です。理由は7室が結婚のハウスだからです。さらに、それは配偶者とその性格、そしてあなたの結婚生活がどうなるかを表します。
2、金星を調べる。占星術における金星は愛情や優しさを表します。さらに、あなたのパートナーの出生図は、彼らが自分の感情についてどれほど表現力があるかを明らかにします。
3、火星を調べる。星占いの火星は欲望を表します。したがって、パートナーの出生図におけるその位置を知ることで、あなたのパートナーとの恋愛的および性的相性がどのようになるかがわかります。
4、水星を調べる。水星はクンドリの通信部門を支配します。したがって、パートナーの出生図における水星の状態を知ることが重要になります。
5、ナクシャトラの互換性を調べる
6、太陽と金星を調べる。あなたの将来のパートナーのホロスコープで太陽と金星が同じ星座にあると、他の人々との関係や、過去に持っていた関係、つまり、一緒にいた人の種類、パートナーに何を求めているかなどが明らかになる。
7、アセンダントの支配惑星を調べる
8、ホロスコープの強さを調べる

 惑星で調べるのは、太陽、火星、水星、それと金星になるようですが、ウクライナの建国図を見ると
スクリーンショット 2023-06-25 121015
太陽は8室
火星は9室
水星は8室
金星は8室

 ほぼ8室が垣間見えますが、8室の主な象意ですが(井岡先生が翻訳した「光の道」より一部抜粋です)
寿命; 死; 禍; 破壊; 切断; 苦痛; 精神的 苦痛; 悪い 知らせ; 道 に 迷う; 危険 な 道; 山 を 越え た 困難 な 旅; 森 や 海; 船; 悪い 評判; 戦い; 要塞; 敵 からの 恐れ;  兄弟 の 敵 ; 逮捕 ; 拘禁 ; 罰 ; 恐れ ; 他人 への 借金; 債務; 債務 の 返済; お金 の 損失; 泥棒 ; 遺産 ; 長期 の 貯金( 銀行 に 預け られ て いる もの); 他人 を 介し て 得る お金; パートナー との 別れ; 友達 同士 の 別れ; 結婚 の 困難; 公 にさ れ て い ない こと を 識別 する 能力( 賢 さ、 直感)

 まぁ、言える事は、結婚生活がスムーズで終わる訳がないチャートがウクライナの建国図チャートになります。何が凄いかと言いますと8室に在住する惑星は全てマガーに在住している事です。

 このナクシャトラですが、
マガーナクシャトラは惑星ケートゥが支配する重要なナクシャトラであり、星レグルスに対応します。獅子座と乙女座にまたがります。マガーとはサンスクリット語で巨大な、壮大なという意味です。名前が示すように、マガーナクシャトラは、その原住民に王家で立派な地位を与えています。それは名声、支配、権威ある地位、そして高い社会的尊敬の象徴です。

 マガーナクシャトラに属する個人は、それぞれの分野で生まれながらのリーダーであると考えられています。マガーナクシャトラの人々は、デーヴァタによって支配されるのではなく、人類の祖先であるピトリスによって支配されているため、祖先の信仰や伝統に強く傾いています。また、悪魔がナクシャトラを支配して以来、原住民は世界の物質的な快楽に浸っていることに気づきます。それは私たち、そして私たちの先祖の過去の行いに直結していると言えます。

 このナクシャトラは先祖の過去の行いに直結している模様。または、人類の祖先であるピトリスによって支配されているため、祖先の信仰や伝統に強く傾いている模様。

 先祖返りという言葉がありますが、それがダイレクトに影響を及ぼすナクシャトラこそが、ピトリスが支配するマガーナクシャトラになりそうです。

 8室はヤバイですよ。
ウクライナは
■Ju-Ju期 2013年09月(22歳)~2015年11月(24歳)
 8室の影響が出始めたこの時期にクリミア危機でクリミア半島がロシアに盗まれました。まさにカルマ的には先祖が関連してそうな案件になります。
■Ju-Ve期 2021年08月(29歳)~2024年04月(32歳)
 日本人なら誰でも知っていると思いますが、このダシャー期にウクライナ侵略が開始され、今も継続中になっています。言える事は、どちらの惑星も8室に在住する惑星だという事になります。

 上記には8つの要素が書かれてありますが、7室を起点に後ろの6室、前の8室の精査がウクライナの建国図を見ていて強く感じてしまいますね。8室で思う事は、「根が深い」ために何でも「慢性」になりやすい。そのため、とにかく長い。基本に9室から見た損失(12室なのでダルマが失いやすいので悪い事が多い8室。この宇宙は神の定めたダルマの法則で物事が動いています。それがトリグナに反映されるようになります。

 ウクライナの場合は、三大吉星が8室で今の状況ですが、ヨガカラカの金星により、仲間たちの変わらぬ援助で今の戦争が続けられていますが、「援助打ち切り」が起きると戦争が終わる事になります。

 こんな感じですが、7室は結婚のハウスで8室は7室から見た2室なので何かを得る事が可能ですが、それが吉星ならいいですが、凶星の場合は、嫌な物を得る可能性があるので注意が必要です。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。