インド占星術 海外と仕事

双子座ラグナ
07 /02 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
とあるチャートを見ていました。海外と仕事がテーマです。
スクリーンショット 2023-07-02 123014
 D4チャートという事は、4室の拡大版です。仕事のために海外に引っ越したらしい。海外は7室と12室とラーフです。仕事は10室と土星、木星、太陽と水星がカラカ。

 ダシャーは金星ー金星期でした。
・金星は12室を支配して3室に在住。ラーフと木星にアスペクト。木星は7Lですが、同時に10Lでもある模様。

 パラメータである海外は7室と12室とラーフが機能しており、仕事は10室と土星、木星、太陽と水星がカラカも機能している模様。

 仕事のチャートだとどう出ているのか?10室の拡大版。
スクリーンショット 2023-07-02 123511
 仕事的には9Lの太陽と金星が自室でコンジャクション。同時に海外を意味するラーフともコンジャクション。12室の影響は8室から火星のアスペクト。この場合、10室との関わりはない模様。

 元々ですが、50歳以降はスピリチュアルに生きたい模様。それは、マハー金星期の時期になります。
スクリーンショット 2023-07-02 124041
 スピリチュアルはモクシャとケートゥの組み合わせ。
金星はモクシャハウスである12室に在住です。また、12室の支配星は自室で強い。金星のナクシャトラロードはモクシャを意味するケートゥ(マガー在住)になります。ケートゥは金星から見るとモクシャハウスに在住です。明らかにモクシャに関連したハウスと関連がある模様。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。