インド占星術 繁栄の方位の調べ方

アシュタカヴァルガ
08 /05 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
アシュタカヴァルガによる繁栄の方位を調べていました。

 見方としては、星座を四大元素事に分けます。
・火の星座(牡羊座、獅子座、射手座):東
・地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座):南
・風の星座(双子座、天秤座、水瓶座):西
・水の星座(蟹座、蠍座、魚座):北


 星座を元素事に分けつつ、そのアシュタカヴァルガの総和を求める。一番総和が高い方位が繁栄する方位になる。
スクリーンショット 2023-08-05 104913
 日本の建国図のアシュタカヴァルガです。
火の星座(牡羊座、獅子座、射手座)ですが、26+30+27=83点
地の星座(牡牛座、乙女座、山羊座)ですが、27+23+35=85点
風の星座(双子座、天秤座、水瓶座)ですが、20+26+33=79点
水の星座(蟹座、蠍座、魚座)ですが、32+33+25=90点

 方位ですが、北が1番。南が2番。東が3番。西が4番。日本は西が弱点らしい。北が繁栄する方位らしい。西東方面は総じて弱い。ちなみに事例がないので信じる必要がないです。

 ただ、日本のラグナは射手座でそこから見た7室である西のアシュタカヴァルガが一番弱い。弱いのは、苦手な事を意味するので好き好んでその方位を選び必要がないと思われます。運が強い人、いい人というのは、知らず知らずのうちに吉方位、自身が強まる方位を選んでいる可能性が高い。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。