インド占星術 ダブル・ダシャー期

乙女座ラグナ
08 /06 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
ダブル・ダシャー期を調べていました。この意味ですが、ヴィムショッタリーダシャーとチャラダシャーで同じ星座・またはその星座に在住するダシャー期が連動する時期をダブル・ダシャーと考えています。

 事例ですが、ロシアのウクライナ侵略は2022年2月24日に発生で世界が震撼。
スクリーンショット 2023-08-06 142535
 ロシアの建国図ですが、山羊座で惑星集中で第二のラグナになりますが、ここがウクライナ侵略の舞台になります。ヴィムショッタリーダシャーでこの戦争が起きたダシャー期は、ラーフー月期でした。即ち、5室の山羊座に在住する惑星のダシャー期。非常に山羊座が重要になります。

 次にチャラダシャーでこの戦争は、山羊-山羊期に発生。山羊座の説明は不要だと思いますが、これがダブル・ダシャー期を意味し、非常に重要なダシャー期になったりしています。通常は、惑星と星座がダブル事はそれ程ないのですが、たまにこのようにダブルタイミングが巡ってくる模様。その時、そのハウスと惑星の象意が人生で明確に働く模様。

 これほど完全なるダブル・ダシャーではないですが、それでも大元がダブったダシャー期が日本にありました。それが東日本大震災のダシャー期です。大元なのでマハーダシャーがヴィムショッタリーダシャーとチャラダシャーで同じ星座が使用された事になります。

 東日本大震災は2011年3月11日に発生。何気に1という数字はやばいのかと思ってしまいました。ケンドラに凶星が集まる時、日本の凶事が起きやすいです。

 その時のヴィムショッタリーダシャーはマハーダシャーのみですが、水星期でした。マハー水星期は2005年12月にスタート。それに遅れる事数年でチャラダシャーでマハー魚期が到来。その時期は、2008年4月の事でした。端的に2008年以降、2019年の4月までは大元は魚座の4室が重要なダシャー期だった事になる模様です。二重でダシャー期がダブル時は、そのハウスと惑星の象意が人生で明確に働く模様。

 人生でダブル・ダシャーが起きる時は、その惑星、またはハウスの影響が強まります。それは良い意味なのか、悪い意味なのかはチャート次第になります。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。