インド占星術 結婚前にパートナーのチャートを調べるポイント

惑星とハウスから見た結婚運
09 /06 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回は、結婚前にパートナーのチャートを調べるポイントを見ていました。主に8つのポイントがありました。

8つのポイント
1、7室を調べる:7番目の家は結婚の家です。それは配偶者とその性格、そしてあなたの結婚生活がどうなるかを表します。それを支配する星座、そしてそこに存在する惑星を見ることで、結婚相手との相性がどの程度であるかについてより良い洞察が得られます。

2、金星の配置を調べる金星は愛情や優しさを表します。さらに、あなたのパートナーのチャートは、彼らが自分の感情についてどれほど表現力があるかを明らかにします。

3、火星の配置を調べる:火星は熱情と欲望を表します。したがって、パートナーのチャートにおけるその位置を知ることで、あなたのパートナーとの恋愛的および性的相性がどのようになるかがわかります。

4、水星の配置を調べる:水星はチャートの通信・伝達・コミュニケーションを支配します。したがって、パートナーのチャートにおける水星の状態を知ることでどのようなコミュニケーションになるのかが分かります。

5、ナクシャトラの互換性を調べる:ヴェーダ占星術では、27 のナクシャトラがあります。お互いに相性が良く、結婚を控えているカップルにとって素晴らしいペアを形成するものもある一方で、多くは互いに不利です。したがって、長期的にはトラブルが発生します。パートナーのチャートで相手のナクシャトラを見て、それをあなたのものと一致させると、長期にわたる結婚生活に落ち着くことができます。

6、太陽と金星の配置:あなたの将来のパートナーのホロスコープで太陽と金星が同じ星座にあると、他の人々との関係や、過去に持っていた関係、つまり、一緒にいた人の種類、パートナーに何を求めているかなどが明らかになります。

7、アセンダントの支配星:ヴェーダ占星術によれば、あなたのラグナまたはアセンダントはパートナーと互換性がある必要があります。もし彼らがお互いに敵であれば、お互いに困難な時期を過ごし、困難な結婚生活を送ることになるでしょう。あなたの利益は両極にあり、紛争は継続するでしょう。そのため、惑星同士の互換性が必要です。

8、ホロスコープの強度:チャートにおけるラグナ、バーギャ スターナ、プールヴァ スターナがどれだけ強いかは、パートナーの出生図を考慮する際に非常に重要です。結婚占星術によると、あなたまたはあなたのパートナーの出生図に、カラートラ・ドーシャ 、クジャ ドーシャ、サヤナ ドーシャ、またはラージジュ ドーシャがあってはなりません。ホロスコープにこれらのいずれかが含まれている場合、無視すると、パートナーとの厄介な結婚生活やその他の問題が発生する可能性があります。

 言える事は、一生涯の人生のイベントになるので十分にパートナーのチャートの精査が必要になる事を意味している模様。そのため、チャート・マッチングは必須です。ただ、結婚は金星期とラーフ期にイベントが起きやすいという事は「欲望」が主軸に動いている事になります。そのような欲望優勢で冷静沈着にチャートを分析できるのかは「知恵・知性」次第になりそうです。

 ただ、その「欲望」があるからこそ、素晴らしい至高の生命の誕生があるので「欲望」自体に悪さはなく、どのように欲望を昇華するかにかかってそうです。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。