インド占星術 ラーフ移動で墜落

マンデーン占星術
11 /30 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
本日のヤフーニュースを見ていたら
米軍オスプレイ墜落「街に落ちていたら」 屋久島住民に不安

 情報によると屋久島(鹿児島県屋久島町)沖で29日、米軍の輸送機オスプレイ墜落した事故。
今のトランジットですが
スクリーンショット 2023-11-30 064347
 今の日本のダシャーは、ケートゥー金星ーラーフ期になっている模様で乗り物のカラカは金星であり、4室が担当する。その4室に日本のネータルチャートでは金星があり、度数は29度40分。俗にいう「死の度数」。そこにトランジットラーフの度数があまりにも緊密に通過するタイミングでこの事件が発生。

 単純ですが、これで私ならTラーフはこの時期に魚座に動いたと感じてしまう。平均のノード移動ではなく、真のノードによる移動。今はレーヴァティをラーフが通過中ですがそれを支配するのは水星。その水星は日本のネータルでは4室に在住する。日本のネータルラーフは3室に在住する。3室は4室から見た12室になる。また、トランジット金星の度数にも注目というチャートになっていた。

 今のトランジットは引き続き、ラーフ軸が強力だという事を理解していた方が無難そう。また、金星が強い。このラーフは中国のラーフを酷く活性化する事になる。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。