インド占星術 アガスティヤの葉と来年の予言

マンデーン占星術
12 /07 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回も予言の話ですが、アガスティヤの葉と来年の予言を見たいと思います。

 2024年予言ですが、情報が2023年10月26日だったので2023年の情報も含まれます。
・このヤシの葉のリーディングは、世界の自然条件と戦争紛争を取り巻く状況についての内容になります。
・この期間は、自然の影響、現在の日食、惑星ラーフの影響に強く影響されます。
・その影響はさらに8年間続き、その間に戦争紛争の激化を引き起こす可能性があります。

>今の時期はラーフの影響が強い8年間らしい。ラーフで思うのは、米国のダシャーがマハーラーフ期じゃねと思いました。地球自体のトレンドは、米国の建国図の影響自体で2~3割の影響が出そうに思えてしまいます。

・ラーフの影響力の期間(今後8年間)は、戦争紛争の激化を引き起こす可能性があります。
>ラーフは海外のカラカなのでどの国も海外の影響が自国に浸透する時期になりそう。

・パレスチナとイスラエルの周辺諸国は、戦争を止めるためにさまざまな提案や取り組みを行うだろう。イスラエルが提案に耳を傾け、約束と義務を遵守すれば、数日のうちにこの紛争を終わらせることが可能になるだろう。この期間内に紛争が終わらない場合、今後数カ月で紛争は激化するだろう。今後 2 か月が決定的なものとなり、この間に紛争が極端にエスカレートする可能性があります。この状態が2か月以上(2024年まで)続くと、周囲の人々にとっても、経済的にも政治的にも状況は悪化するでしょう。この地域の人々の生活環境が悪化するにつれ、海外や近隣諸国への人口の移住が増加するだろう。これに関連して、難民の受け入れ、あるいは拒否をめぐって世界中で問題が提起される可能性がある。
>これに関しては軍事専門家の方が精度が高そうに感じる。

・世界では他にも問題が起こる可能性があり、世界の一部の場所、特にアジアでは戦争紛争の脅威があり、インドや韓国と中国の国境でも起こる可能性があります。韓国が戦争を起こす可能性があるからです。
>かなり重要な情報であり、韓国・中国が戦争すれば日本に多大な影響が出そう。それと「台湾有事」に注視。

・今後数日間で、金と銀の価格は急騰し、人々は心配してそれらを購入するでしょう。この高値は約 8 か月間維持され、その後 2 か月間で価格は不安定になり、その後横ばいになります。
>金の取引をしているのでわかりますが、金相場は過去最高レベルのトレンドが出ています。世界の人々は地政学的リスクとヒシヒシと感じている模様。

・2023 年の今年も、北米とヨーロッパでは依然として自然災害の脅威が存在します。
・全世界を待ち受けているもう一つの危険は、戦争紛争または陰謀全体の悪化により、ミサイル兵器が使用されることであるが、それは24日までに起こるはずである。2023年12月。 世界中のどこでも、特にユーロの価格上昇が起こり、これは物価、食料自給率、燃料価格に関する国々で問題を引き起こすでしょう。旅行や交通手段にも困難が生じます。特にロンドンやヨーロッパのような場所では、食料、野菜、米も不足する可能性があり、全体的に物価の上昇(インフレ)が見られるでしょう。 同様の話が米国にも当てはまります。

>相場は為替が専門ですがユーロが強い訳ではありません。主要8通貨で見ていくと中期的に資源通貨が強い現状です。今年、一番弱いのは我が国の円でした。今は超円安であり、歴史的な円安です。これは主には米国との金利差による影響です。

スクリーンショット 2023-12-07 115222
 画像は過去6か月の8通貨の強弱画像になりますが、過去6か月で最強はスイスフランで最弱が円通貨でした。ユーロは8通貨中4位の位置づけです。相場戦略は、スイス円のロングになります。

年初来の日足チャート
スクリーンショット 2023-12-07 115602
 160円台以降は徐々に上げ足が鈍いですが、それでもどちらに方向が傾いているかが一目瞭然のチャートスタイルになっています。それほどに円が弱いです。

・現状への対応として政府は税金や手数料を課すことになり、国民にさらなる負担と不満をもたらすことになる。
>国による締め付けは土星が強いと起きやすい。

・ユーロとドルの価格は変動するため、2023年末までにすべてが実施される必要がある。
>ユーロも弱いし、ドルも弱い傾向が今の時期です。

・アジアでは今後数か月間、そして 2024 年の初めに自然災害が発生する恐れがあります。これらは、海の向こう側のマレーシア、インド、日本、インドネシア、カンボジアの沿岸地域です。そして特にインドのチェナイ地方では洪水が発生します。2023年末までに、イスラム諸国、特にアフガニスタン国境付近で地震という自然災害が発生し、重大な人命が失われる恐れがあります。
具体的な時期が出てきました。2024 年の初めに自然災害が発生する恐れで日本も含まれ、沿岸地域。

 日本のヴィムショッタリーダシャー
Ke-Ve-Ju:2023年12月07日(71歳)
Ke-Ve-Sa:2024年02月02日(71歳)
Ke-Ve-Me:2024年04月09日(71歳)

Ke-Ve-Ke:2024年06月09日(72歳)
 サブサブダシャーの木星ですが、4Lで5Hです。過去の地震との関連(71年間)ですが保護力が強いです。そのため、日本の場合は、2024 年の初めではなく、Ke-Ve-SaとKe-Ve-Meの時期に警戒です。救いとしては、ケートゥは殆ど地震に含まれない惑星ですが、感染症関連には非常に敏感であり、感染しやすい傾向があります。

・アメリカ大統領との間に混乱が生じ、今後数カ月、そして2024年に何か違法な問題に直面するだろう。
>来年のトレンドの一つがアメリカ大統領選になりそう。

・2024年には航空輸送にも困難が生じる可能性があり、技術的な問題、航空会社の倒産や売却、ストライキなどが起こる可能性がある。全体として、世界の航空交通量は減少するでしょう。
>投資で航空関連の相場は下落かもです。

・地球の軌道の動きに変化があり、速度が遅くなるはずです。 インドでは、現在から来年にかけて、急激な急冷や降雪(チェナイでも)などの気象変化に人々がさらされるリスクがある。今年の冬は厳しい寒さと大雨の恐れがあります。
>この辺の情報を専門家に聞いたらなんというのか知りたいところですね。

・イスラエルとパレスチナの紛争が長期化すれば、人々は水、食料、住居の不足に苦しむことになる。人道的災害が発生し、人々が資源を求めてその地域で自殺する可能性もあります。世界中がこの状況を心配しています。 今後 20 日間が、この展開がどこへ向かうかについて決定的なものとなるでしょう。私たちは、初期段階でそれが終了する可能性がある時期を目撃しているか、あるいは状況がエスカレートした場合、それが長期間続き、これらの結果をもたらす可能性があります。しかし、全世界が人類の名においてこの紛争の平和化を支援し、支援しようとするでしょう。
>基本的に悲惨とは凶星とドシュタナハウスの組み合わせが主軸になります。パレスチナのチャートは知りませんが、イスラエルの建国図チャートはおそらくは機能していると思われますが
スクリーンショット 2023-12-07 112626
 イスラエルがハマスにやられた時期は10月7日ですが、長期トレンドと中期トレンド(マハーとアンタル)は共に牡羊座で8室に在住するラーフ期だった模様。正確には
Ra-Ra-Ju:2023年07月14日(75歳)
Ra-Ra-Sa:2023年11月22日(75歳)
Ra-Ra-Me:2024年04月26日(75歳)
 Ra-Ra-Juだった模様。サブサブダシャーの木星は4Lで4Hであり、8室ラーフにアスペクト。今のサブサブダシャーの土星も同様に8室ラーフにアスペクト。

 一つの目安は2024年04月26日(75歳)までに「片が付く」のかどうかになりそう。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
 ユーロドル日足チャート
スクリーンショット 2023-12-07 113652
 年初来の日足チャートですが、相場は上がって下がっての繰り返しであり、年末相場は単にドル高相場であり、上記にあった」特にユーロの価格上昇が起こり」とありますが、外れです。特に12月になってからドル高に変化しています。

 おそらくは、このアガスティヤの葉予言の精度はこの程度ではないかと推察します。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。