インド占星術 まともと思われる2024年の予測

マンデーン占星術
12 /08 2023
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
今回も2024年の予言のお話で基本的に科学的要素が含まれる予測になります。

・太陽の活動が増加し(最大2023年から6年)、太陽噴火と磁気嵐の脅威があり、デジタル世界、都市に集中した人類、新興テクノクラシーに致命的な結果をもたらす可能性があります。ChatGPT と同様のテクノロジーは、シンギュラリティの達成を大幅に加速します。
>テクノロジーに関しては、前回もですが、水瓶座で土星が通過するタイミングでそのような技術が発展した経歴があります。

・それは、気温の上昇と、世界のさまざまな地域で相反する極端なさまざまな形で、気温の上昇と気候異常と極端(干ばつ、洪水、地震、ハリケーン、火山など)の増加を伴って、エルニーニョ現象が本格的に現れるでしょう。これは、特にインド、パキスタン、中東、アフリカからの大量移民(局地的な軍事紛争を含む)を引き起こす可能性があります。その結果、さまざまな致死性の病気、伝染病、その他の脅威が出現し、それらは気候変動とも関連するでしょう。世界気象機関(WMO)は、エルニーニョ現象と温室効果ガス排出やその他の自然循環による気候温暖化の組み合わせにより、2023年から2027年はほぼ確実に地球上で観測史上最も暑い期間になると警告した。

・私たちは、25 世紀の最盛期に起こる可能性が高い、西洋文明の段階的な崩壊 (テクノクラシーの最終段階 - 人間性の喪失) の兆候を目の当たりにしています。太陽周期(文明変革の転換点)。教授によると、過去1万年にわたる文明の研究の経験によると、 バーツが適用されるのは次のとおりです。複雑なシステムの始まりと立ち上がり(転換点)には、通常、戦争が起こります。
>一つの目安は「牡牛座の土星通過」が転換点になりやすいです。また、本来の大きな周期は60周期になります。

・国際政治(二陣営の衝突)は、ウクライナ(2022年)-イスラエル-中東(2023年)-台湾とその周辺地域(2024年、ここで1月に重要な選挙がある)を軸に展開される。
>日本は、台湾とその周辺地域(2024年、ここで1月に重要な選挙がある)の影響に注視です。

・バリケードのどちら側の出身かに関係なく、人々は変化に対する準備ができていません(人々はバリケードの監禁から解放されるかどうか、つまり自己破壊的なプロセスであるかどうかを自分で決めることができます。彼らには機会と機会があります)お互いの意見に耳を傾け、自分の真実だけを他人に説得するのをやめることができます) - 人々が自分たちの間にバリケードを築いているため、社会の二極化はさまざまな形や形で進行しています(出来事の影響下でさらに進む和解のできない態度、理解の欠如)コミュニケーションは、主に現代テクノロジーの開発と応用に関連して、段階的な非人間化につながります)。
>二極化の目安はラーフの影響が大きい感じがする。

・私たちは「偉大なサイクル」の始まりにいます。このサイクルは、新しい大国や新しい世界秩序を確立する戦争である大規模な紛争(たとえば、1939年から1945年に類似)の後に始まります。私たちは現在、大規模な紛争(2023年から2023年)の門の前に立っていて、さまざまなレベルおよびさまざまな形で紛争が蓄積しており、それらの紛争はもはや解決することができず、解決する意欲もなくなり、それらはエスカレートしています。この発展の一部には宗教的衝突もあり、そのルーツは少なくとも私たちの時代の初めにまで遡ります。
>トランジットで大きな転換点は「土星と木星のコンジャクション」が目安になります。約12年サイクルで生じやすい。最近の経済危機は、何故かは不明ですが、土星から見た12室にケートゥが通過するタイミングでそのような「恐怖」をもたらす急降下な相場が現象化している。

・文明は加速する世界的変革(2020年から2025年、6年から2032年)を経験しており、これにはさまざまな形での生活条件の変化も伴い、新たな条件への迅速な適応が必要となり、人類の発展を加速します。水瓶座の時代への移行に関連するプロセス全体には、自然のテラフォーミングが伴います。これは、人類文明の発展的変革における重要な要素および原動力です(自然条件の変化は人口の発展を加速しますが、同時にそれも減少します)。 一部の人が当然だと思っていたものはすべて崩壊しつつあり、これは(人々のレベルでの)新しい知識が必要なプロセスであり、地球文明の変革を可能にする可能性があります。
>リスク年でいうと2025年、2028年、2030年前後が直近のピークです。

・ミルス・イリアスは、あらゆる文明の始まりと終わりにはモンスター(半分は動物と人間、半分は人間とロボット)が存在し、人類を汚染し、現在はホモ・テクノロジクス(デジタル・ゾンビ、サイボーグ)の形になっていると述べています。彼らは始まりにいたが、終わり(2023/8/24)にもなるだろう。
>ババ・ヴァンガの予言は5000年まであるのでそこまで人類が滅びるとは思えない。また、ヴェーダ的にはカリユガ期ですが、あちらの考えでは滅びる時は「洪水」で滅びる可能性が高い。まぁ、普通に考えるとそれは「土星ラーフ」の組み合わせが大きなシグナルになる。それに木星が関与してしまうと非常に「大転換点」の年になってしまう。2025年は前半が「土星ラーフ」の組み合わせが生じる。

・私たちは今、文明の終わりにいます。文明は常に都市のブームと都市生活様式(都市への住民の集中 - ピラミッド構造、家の高さの絶え間ない上昇など)で終わり、そこでバベルの塔効果(あらゆるものとあらゆるものの混合)が発生しますが、これは一時的で一時的な問題にすぎません。なぜなら、人はそのようになることはできず、混合物になることはできません。人は人生に第三の目(知識の光、真実、純粋さなどを理解する必要があります)が必要だからです。 - 2023 年 8 月 26 日。
>インド的な周期で考慮すると今回の60周期は1987年にスタートした模様。その前は、1927年になります。二つ前は、1867年らしい。この周期には60の名前が存在し、それに関連した事がその年に起きる。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。