インド占星術 1/7軸の惑星のダシャー期

ヴィムショッタリーダシャー
02 /12 2024
 親愛なる読者の皆様、いつも訪問をありがとうございます。
1/7軸の惑星のダシャー期に関する事を調べていました。

スクリーンショット 2024-02-12 084541
 チャートは日本の建国図ですが、1/7軸の惑星のダシャー期で考慮すると今のサブダシャー金星期。そこから見た7室に土星が在住。この組み合わせ・配置は基本法則としてあまり宜しくないと言います。
 
 単純事例ですが
・阪神淡路大震災は土星金星期に発生。
・東日本大震災は水星ー金星土星期に発生。

 日本の甚大な被害をもたらした大地震のダシャー期にその「1/7軸の惑星のダシャー期」が関与していた事になります。
土星から見ると金星は7室。
・水星から見ると土星は7室。
金星から見ると土星は7室。


 しかし、どのような組み合わせでも例外が存在します。それは、おそらくは凶作用がキャンセルされたり、逆に良く作用するケースが含まれますが、火星と月、土星と木星、火星と木星のオポジションは良く作用する模様。火星と木星のオポジションは結婚関連にはそうではないらしい。

 地震に関してトランジットを見ていたのですが、日本の上記のチャートの最大リスクは3室水瓶座の可能性が非常に高い。その理由ですが、近年の大地震での被害レベルで見た地震のゴーチャラを調べたらいずれも生来的凶星が3室を通過したタイミングだった事が確認されました。
・東日本大震災は太陽(26:17)、火星(18:45)の通過。
・阪神淡路大震災は土星(15:39)の通過。
・令和6年能登半島地震は土星(9:04)の通過。
・熊本地震はケートゥ(27:15)の通過。

 面白い事にはそのゴーチャラに他の惑星のコンジャンクションがなかった事。今の日本のダシャー期は最大リスクのサブダシャーの金星期です。

スクリーンショット 2024-02-12 085716
 今のゴーチャラですが、かなり惑星の偏りが著しくなっており、その偏りは人類に変動をもたらす事になります。日本の国土に変動をもたらすハウスの筆頭は3室水瓶座。吉星の混じり気がないタイミングで凶星のみが揃う時、3室が破壊される可能性が高そうです。この場合、4室がマーラカとして作用する事になります。何故から3室から見た4室は2室になるから。

 今の精査の段階では2月は地の星座(山羊座)が固まりやすいので動くにも限度を感じてしまう。また、日本の山羊座はそれ程悪い影響がない。日本の8室などノーマル的な見方では殆どの影響がない。しかし、8室から見た8室である3室は今までのゴーチャラによると災いをもたらす凶星の星座となっている。

 今はケートゥー金星ー土星期。この金星と土星の組み合わせで二度の大地震発生。ケートゥから見ると金星は突然の8室。ケートゥから見ると土星はマーラカの2室。影響として侮れる配置ではなさそうです。残りは動的な動きが連動すると現象化する事になります。まずは、7月上旬までは気を抜かないで地震に備えましょう。今は、インフラ、ライフラインが破壊されやすいダシャー期になっています。

様々な鑑定の依頼を受け付けております。じっくり深い読み方を見たい人は是非とも私をお選びくださいませ。
↓↓↓
病気、結婚、ビジネス、キャリア、法律問題、財産、健康、負債、投資などの全ての各分野の有料鑑定の鑑定依頼は以下になります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

ナーラーヤナ

相当適当に記事を更新中。インド式の教えは深奥なのでコツコツ学ぶのが一番です。それとリシの生き方を調べると勉強になると思っています。その一番は、至高のグルの一人であるヴィヤーサ仙ではないでしょうか。